ウォルフィ家族の平凡だけど楽しい毎日

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴー助君の2011年 思い出
2011年、ぴー助の心に残った思い出は、どんなだったのかな~?
ウォルフィーがいた頃とはうって変わり、犬お出かけがめっきり減った我が家だけど、それでも、一緒にウォルフィーの思い出を語り、孫のぴー助を可愛がってくれた皆さんへ感謝でいっぱいのワンコライフでした。

まずはやっぱり、ぴー助にとっては久しぶりの長期合宿!
パパとママとウォルフィーが10年ぶりにヨーロッパへ出かけたので、お友達のチャララ家での合宿。
予行練習(予備合宿)から始まっていろいろ心配したけど、やさしいチャラパパとチャラママのもと、家にいるより楽しそうな様子にほっこりさせられました。

なんと合宿はチャラ家の別荘で
2011 08-1

猛暑の夏だったけど、涼しい草原で快適に過ごさせてもらいました
2011 08-3

2011 08-7

湖にも泳ぎに泳げなかったぴー助だけど、だいぶ上達したとのこと
2011 0-4

2011 08-6

2011 08-5

うりゃぁ
2011 08-4

たくさん泳いでたくさん走って大満足の夏合宿ぐっすり幸せそうな写真までチャラパパ、チャラママ、チャララ本当にありがとうございました
2011 09



白馬にもいっぱい行かせてもらったね。
オーシャンのCh完成パーティではたくさんご馳走になってありがとうございました。集まった皆さん、ありがとうございました。
-1.jpg
先月の沙羅のお見舞いでは、元気そうな沙羅に会えて嬉しかったです。頑張ってね!沙羅

お山の別荘にもたくさんのボルが遊びにきてくれてありがとうものすごい賑やかさに、今やすっかり一人っ子状態のぴー助、びっくりだったね(笑)
にーるん、まりちゃんとも新しいドッグランで楽しかったね来年は6歳になるけど、このままずっと一緒に爆走してね

2012年、平和でありますように

あれから1年
ウォルフィーが虹の橋に旅立ってからちょうど1年…

201107200939001-2.jpg

普段は笑いの耐えない我が家にもどったけど、さすがに昨日の命日、旅立った10時半は、ひさびさにきつかったかな。。。
普段どおりに過ごそうとTVを見ていただけだったのに、涙がぼろっとこぼれた。ふと時計をみると10時半…。
こんなことってあるんだなぁ…としょげていたら、
お花やメールや手紙が届いて、あらためてウォルフィーの「縁」に感謝!また笑顔がもどったよ!

昨年の暮れ、何度かお世話になったアニマルコミュニケーターの森永さんに、虹の橋にいるウォルフィーのことを聞いてみた。
「こんなこと言う子、初めてなんですけど~…う~ん、、なんでかな~」と森永さんがいいながら
「ウォルフィーくん、ステンドグラスの綺麗なところにいるって…」
私は思い当たることいっぱいあったので、今年はそこにいけば、何か感じることできるかな~

今年の夏は格別暑いよ…ウォルフィーのところは涼しくて、お友達がいっぱいだね!あまり親分肌きかせないで、仲良くあそぶんだよ♪

DSCF2065-1.jpg

誕生日
今日5月21日はウォルフィーの11回目の誕生日。
一緒にお祝いはできなくなっちゃったけど、虹の橋で、大パーティかな?
虹の橋の皆!ウォルフィーのことよろしくね

生後1ヶ月のウォルフィー
DSCF1984-1.jpg


パパとママとぴー助は、今月、ウォルフィーのお里へ行ってきたよ!
ウォルフィーも一緒についてきてくれたよね?
生まれ故郷の日本アルプス。今年も綺麗だったね!
DSCF2372.jpg

迎えてくれた皆さん、ありがとう!
110503-1.jpg

そして、ウォルフィーへ…
ずっとずっとありがとう!
今週、ちゃんとママの夢に来てくれて、本当にありがとう!

ありがとう

2010年7月19日 午前10時半
ウォルフィーが旅立ちました。

最後の最後まで・・・
最期は限界をとっくに超えていただろうに・・・
本当によく頑張ってくれました。
このダメ母のために、必死で、生きぬいてくれました。

”こんなに頑張ったんだから…”と多くの人に言われるけれど
私自身はどうしても・・・どうしても自分に納得がいきません。
生きてる間は必死で看病してきたつもりだったけど、まったくだめだった…

人生って、これほどまでに後悔することばっかりなんですね…


ウォルフィーにいっぱいいっぱい”ありがとう”って言いたいのに
今、でてくる言葉は、”こめんね…””ごめんね…”ばかり。
もっともっと生きていたかったよね…
もっとずっ~と幸せにしてあげたかったのに…こんなママでごめんね…



ウォルフィーのことを愛して可愛がって下さった皆さんへ、
本当にありがとうございました。
闘病中も、最期の日も…そして今も、
皆からの友情のおかげで、私はこうしていられます。



”ウォルフィー、ごめんね…”という言葉よりも先に
自然に”ウォルフィー、ありがとう!”という言葉がでるようになるまで…
ウォル、もう少し、ママの涙につきあってね。


ウォルフィーに触れていただいたすべての皆さんへ
心から感謝します。
ありがとう










立てなくても頑張るっ!!!
私なりにとっても大切にしてきたウォルフィーのコート。
生まれた時に、尻尾の周りにまぁるい茶色の模様があったので、飼い主が決まる前から「尻まるおくん」と可愛がってくれた皆に呼ばれていたウォルフィー。
そのトレードマークでもあったお尻の周りのコートを、先日、切りました…。

7月5日に自力でお座りの姿勢まで出来て、そこからどっこいしょと腰を持ち上げて、その場でうんちをしてから…それからはまったく立てなくなってしまいました…。
うんちの度におちりと周りのコートを洗っていたけれど、長いコートを洗って乾かすのがウォルフィーの負担になってしまうようなので、清潔さを保つのが1番と考え、泣く泣く、大切な大切なコートを切りました。
切る前に、涙をこらえて明るくいようと、お目目とおくちを付けてみたところ…

かまやつひろし
BLOG-3.jpg


7日には、七夕に願いをこめて、パパと即席の七夕飾りをつくってウォルフィーの側に飾ることに
食べ物じゃないから、ちょっと迷惑そう?
BLOG-2.jpg

ちょうど2年前の七夕に、きらら家と湘南へ行ったことを思い出します。江の島神社で短冊に願いを書いてお参りしてきたっけ。
初めて湘南の海で泳いだり、生シラスご馳走になったり!ウォルとルキナちゃんのデートだったのに、1番はしゃいでいたのはぴー助だった(笑)
そのきらら母が、10歳の誕生日記念にウォルフィーの絵を書いてくれました!絵の中にもう一人のウォルフィーがいるみたい楽しいことを思い出して元気になってくれるよう、その絵に短冊を飾って。
BLOG-1.jpg
7日にはさらに、ぐーちゃんのママからウォルフィーにさくらんぼが届きました
めったに果物を食べない子なのに、最近はますます食に走り!さくらんぼも食べて、この夏、頑張れるね
Copyright © ウォルフィー コンチェルト. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。